ご予算内で自由発想の家を建てるならジーラボハウス岡田工務店で。

埼玉県・秩父を中心に、様々な土地や注文住宅のご提案を致します。

:0120-623-235

営業時間 9:00~20:00

webからのお問い合わせ

スタッフブログ

注文住宅をお考えの方へ!外構の予算について解説します!

「外構の予算はどれくらいなのかな」
「予算が足りない部分はどのようにしたら良いのかな」
このようにお悩みの方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、秩父市、深谷市、熊谷市周辺で注文住宅をお考えの方に、外構の予算について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□外構の予算をご紹介します!

新築の外構工事は、全体の建設費用のおよそ10パーセントにするとバランスが良いといわれています。
実際は、100万円から300万円ほどを使用する方が多いようです。
1箇所につきおよそ50万円から100万円が目安となります。
どのような工事を行うかといったことや、工事を行う場所によっても異なりますが、これらが相場であることを理解しておくと良いでしょう。

□予算がたりない場合はどうすれば良いの?

外構の工事で予算が足りない場合はどうすれば良いのかについて解説します。

1つ目は、建物の工事と一緒に住宅ローンを組むことです。
建物の工事と一緒に住宅ローンを組むことで、金利の低い住宅ローンに組み込めるでしょう。
別々の会社に依頼するよりも、お得に借りられるでしょう。
早い段階から住宅ローンを計画しておきましょう。

2つ目は、外構工事の優先順位を考えることです。
外構工事の中でも、優先順位はバラバラですよね。
建物と同時に完成させたい工事なのか、建物が完成してからゆっくりととりかかりたい工事なのかは様々です。
防犯面や安全面にそれほど大きな影響がない部分は、後回しにしても良いでしょう。

3つ目は、素材や商品グレードを検討することです。
素材や商品グレードを下げることで、コストダウンできるでしょう。
ただし、雨風等の外界にさらされる部分は、耐久性を重視しましょう。
グレードを下げてもよい部分と、譲れない部分を明確にしておくことをおすすめします。

4つ目は、ご自身でできる部分はDIYも検討することです。
建物の性能に関わらない部分や、比較的施工が簡単な部分はDIYで仕上げることもひとつの手段です。
ただし、DIYは事前の理解や協力が必要となることが多いため、よく相談されることをおすすめします。

□まとめ

今回は、外構の予算についてと、予算が足りない場合の対処法について解説しました。
この記事でご紹介したことを参考に、外構の予算を検討してみてはいかがでしょうか。
当社は、お客様のご要望に合わせた住宅を提供いたしております。
何かご質問や疑問点等ございましたらお気軽に当社までお問合せください。

構造見学会を開催します(*^^*)

明けましておめでとうございますfuji

本年もよろしくお願い申し上げますm(__)m


さて、年明け早々ではございますが、

構造見学会開催のお知らせですshine

別名『あったか体感会

1年中快適な家~冬暖かくて、夏涼しい家~には理由があるsign01

ということで、家が完成してしまったら見えなくなってしまう

構造をじっくり見ていただき、

冬暖かい」を体感していただこうというイベントです。

予約制で行いますので、コチからご予約のうえ、

ぜひご来場くださいね

ご予約は、お電話、メールでも受け付けております。

スタッフ一同、お待ちしております(^O^)/

チラシ(長留)ol.jpg

契約から引き渡しまでの期間は?注文住宅をお考えの方必見です!

「契約から引き渡しまでの期間はどれくらいかな」
「家づくりをする上での注意点を知りたい」
このようにお考えの方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、契約から引き渡しまでの期間について解説します。
秩父市、深谷市、熊谷市周辺にお住まいの方で注文住宅をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

□契約から引き渡しまでの期間について

まずは、情報収集とハウスメーカー選びです。
およそ1~3ヶ月かかります。
注文住宅を建てると考えた際にまず決めることは、どのような家にするかです。
どのエリアに住むか、どのようなイメージの家にするか、どのような暮らしにするかを具体的に考えましょう。

次に、プラン・ハウスメーカーの決定、土地探し・購入、契約・住宅ローンの申し込みです。
およそ3~6ヶ月かかります。
土地によっては、ご希望の住宅が建てられない場合がありますので注意して確認しましょう。
住宅ローンを利用する際は、ここで本申請が行われます。

そして、建築工事です。
およそ3~6ヶ月かかります。

最後に、1ヶ月程度で引き渡しです。
不具合がないかどうかを入念に確認しましょう。
引き渡しと同時に住宅ローンが実行され、決済が終了します。

□家づくりに関する注意点とは?

では、ここからは家づくりに関する注意点について解説します。

1つ目は、住宅の耐震性や耐久性に目を向けているかを確認することです。
耐震性や耐久性は、住宅の安心・安全に関わるため、とても重要です。
耐震性や耐久性等について詳しく聞くことをおすすめします。

2つ目は、住宅ローンの組み方に無理がないかを確認することです。
希望を組み込むために、予算オーバーしてしまう恐れもありますよね。
無理なく返済できる範囲であるかを慎重に検討することをおすすめします。

3つ目は、具体的な利便性や生活動線を意識できているかを確認することです。
計画している際は、具体的にイメージすることはなかなか難しいものです。
収納スペースや生活動線をあまり意識できていない場合もあるでしょう。
特に、生活動線に関しては失敗例もよくあるため、それらを事前に調べておき、参考にしてみると良いでしょう。

□まとめ

今回は、契約から引き渡しまでの期間について解説しました。
注文住宅をご検討中の方は、この記事を参考にして契約の流れをイメージしてみてください。
また、家づくりの注意点についても解説しましたので、これらを意識して理想の家づくりをしてみてください。

注文住宅をお考えの方へ!間取りで後悔しないコツを解説します!

「間取りで後悔した点はなんだろう」
「間取りで後悔しないためのコツを知りたい」
このようにお考えの方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、間取りで後悔した点と、後悔しないためのコツについて解説します。
秩父市、深谷市、熊谷市周辺で注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□間取りで後悔した点とは?

最も多い後悔は、収納不足であることです。
・リビングの収納が足りない
・1階の収納が足りない
・シューズクロークを作ればよかった

次に、玄関の造りが挙げられます。
・玄関が狭い
・靴をしまうスペースが少ない
・玄関から洗面所が遠い

次に、面積不足が挙げられます。
・ダイニングが狭い
・お風呂や脱衣所、トイレが狭い
・キッズスペースが狭い

次に、脱衣所と洗面所が挙げられます。
・洗面台と脱衣所を別にすればよかった
・他の人が入浴中は洗面台が使えない
・洗面台があると脱衣所が狭くなる

次に、無駄なスペースが生まれてしまったことが挙げられます。
・LDKを広くしすぎた
・余計な窓をつけすぎた
・ベランダ/バルコニーが入らなかった

最後に、家事動線が良くないことが挙げられます。
・キッチン横並びのダイニングにすればよかった
・家事をしていると、家の中を行ったり来たりしないといけなくて大変である

以上が、後悔した点でした。

□後悔を防ぐためのコツとは?

ここまでは、よくある後悔する点をご紹介してきました。
しかし、せっかくの家づくりであれば、後悔したくないですよね。
そこで、ここからは後悔を防ぐためのコツを解説します。

1つ目は、賃貸や今の住まいの不満を調べることです。
今住んでいる不満を挙げることで、使い勝手の良い間取りを考えられるでしょう。
なるべく多くの不満点を挙げ、希望を盛り込んでいくことをおすすめします。

2つ目は、生活をリアルにシミュレーションすることです。
朝起きる時間や身支度をする時間等、ご家族の生活もシミュレーションすると良いでしょう。

3つ目は、周辺環境を把握することです。
日当たりや周辺道路といった環境を把握することはとても大切です。
何度も訪れて確認してみましょう。

以上が、後悔を防ぐコツでした。

□まとめ

この記事では、間取りで後悔した点と、後悔しないためのコツについて解説しました。
ご紹介したことを参考に、後悔しない間取りを検討してみてください。
何かお困りのことがございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。
全力でサポートさせていただきます。

年末年始休業のお知らせ

こんにちは(*^^*)

もうあと数日で新年ですね

月日の経つのは早いものです。

ジーラボハウスでは

12月30日(木)~1月4(火)まで休業させていただきます。

1月5日(水)より通常通り営業致します。

本年も一年ありがとうございました。

新年もまたよろしくお願い致します。

皆さま、良いお年をお迎えくださいませ(*^^*)

リノベーション!!

現在、大規模リノベーション工事をおこなっております。

1階のみの工事ですが、

耐震補強工事や断熱改修工事で住宅の性能をアップする、

暮らしやすさ」に重点を置いた性能向上リノベーション工事』ですshine

お陰様で順調に進んでいますconfident

部屋の間仕切りをなくして広々とした大空間のLDKとし、

ダクトレスの第一種換気方式を採用した、とてもあったかな家になります。

瑕疵担保保険に加入して第3者検査をおこない、

保証もついた安心のリノベーションですsign03

DSCF5445.jpg

DSCF5450.jpg

このような大きな工事をジーラボハウスにまかせてくださった

お客様の思いに応えるべく、日々、安全に工事をおこなっております。

完成までもう少しsign01

お施主様の喜ぶ顔を見られるように、感謝の気持ちを忘れず、

最後まで精一杯頑張って工事を進めていこうと思います。


ジーラボハウスでは、小さなリフォームから大規模リノベーションまで

承っておりますので、お気軽にご相談くださいnotes

注文住宅をお考えの方へ!間取りの失敗例をご紹介します!

「注文住宅の間取りの失敗例を知りたい」
「間取りで失敗しないためのポイントを知りたい」
このようにお考えの方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、間取りの失敗例と失敗しないためのポイントをご紹介します。
秩父市、深谷市、熊谷市周辺で注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□注文住宅の間取りの失敗例とは?

1つ目は、収納に関する失敗です。
玄関まわりにコートを掛ける場所が無かったり、クローゼットが使いにくかったり、収納が不足したりといった失敗例が挙げられます。
実際に、どこに何をしまうのかをイメージして、使いやすいところに十分な収納スペースを確保することをおすすめします。

2つ目は、部屋のレイアウトに関する失敗です。
玄関を開けたら家の中が丸見えになってしまったり、寝室が狭かったり、ほとんど使わない部屋があったり、ベランダが使いにくかったりといった失敗例が挙げられます。
外からの視線を考慮すること、家具を置いても広さを感じられる間取りにすること、用途を明確にすることを意識すると良いでしょう。

3つ目は、リビングに関する失敗です。
2階にまで熱やニオイが伝わったり、広すぎて寒かったり、床暖房を設置する箇所を間違えたりといった失敗例が挙げられます。
引き戸を設けて熱やニオイを防ぐことや、寒くなりそうな箇所に床暖房を設置することを意識すると良いでしょう。

□間取りの失敗や後悔を防ぐコツをご紹介!

ここからは、間取りの失敗や後悔を防ぐためのコツをご紹介します。

1つ目は、今の住まいの不満を挙げておくことです。
今住んでいる家の不満を挙げておくと、新居で不満を抱えることなく生活できるからです。
不満を解決できるような間取りのアイデアを考えておきましょう。

2つ目は、生活をリアルにイメージすることです。
朝起きたとき、身支度、帰宅後などの生活をイメージしておくことで、使いやすい間取りになるでしょう。
必要な収納スペースや、広めにとっておきたい箇所等が分かります。

3つ目は、周辺環境を考慮することです。
日当たりや周辺道路といった周りの環境も、家づくりにおいて重要な要素となります。
実際に土地に訪れて、何度もチェックすることをおすすめします。

□まとめ

この記事では、間取りの失敗例と失敗しないためのポイントをご紹介しました。
ご紹介したポイントをもとに、快適な間取りを検討してみてはいかがでしょうか。
当社はお客様のご要望に合わせた住宅を提供いたします。
ご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

注文住宅をご検討中の方へ!着工の期間をご紹介します!

「着工の期間はどれくらいだろう」
「最適な工期で建てるためのポイントを知りたい」
このようにお考えの方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、注文住宅の着工の期間と最適な工期で建てるためのポイントをご紹介します。
秩父市、深谷市、熊谷市周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□土地探しから家を建てるまでの期間をご紹介!

土地探しから始める場合は、早くても1年半前、遅い場合でも10ヶ月前までには計画を立て始めましょう。
ご希望に合致するものがすぐに見つかるとは限らないからです。

将来的に、土地は資産となるため、値下がりしない土地を選ぶことをおすすめします。
ただし、じっくりと選びすぎても良くありません。
何ヶ月以内には決める、というように、具体的な期限を決めてから探すと良いでしょう。
すでに土地が決まっている場合は、1年半前から1年前から計画を立てると良いでしょう。

そして、1ヶ月程度でプランを固め、具体的な計画へと進んでいきます。
着工に入れば、およそ3ヶ月から4ヶ月で完成します。
内装材や設備の変更等により、期間は若干延長する場合もあることを覚えておきましょう。

注文住宅が完成したら、引き渡しまでにおよそ1ヶ月かかります。
引き渡し時には、住宅を細かくチェックして、不備がある場合は再度工事が必要になります。
その場合は、2ヶ月程度かかる場合があります。

□最適な工期で建てるためのポイントとは?

1つ目は、必ず「書面で」引き渡し日を確認することです。
目安の時期だけでなく、引き渡し日を明確にしましょう。
書面で確認することで安心できるでしょう。

2つ目は、工事が遅延した場合の違約補償を確認することです。
工期が延びると、引っ越しの予定を組み直す必要があったり、新しくホテルに宿泊する必要があったりするなど、さまざまな影響が出てきます。
後でトラブルにならないようにするためにも、事前に工事が遅延した場合の違約補償を確認しておきましょう。

3つ目は、進捗スケジュール表をもらうことです。
着工前に工事の進捗スケジュールをもらうことで、進捗状況を把握でき、確認できるからです。
遅れている可能性にも気づけるためおすすめです。

□まとめ

この記事では、注文住宅の着工の期間と最適な工期で建てるためのポイントをご紹介しました。
工期の目安を意識しつつ、ご紹介したポイントをもとに家づくりを進めてみてください。
家づくり相談会も実施中ですので、ご興味がありましたらお気軽にご相談ください。

人気な外観とは?注文住宅をお考えの方必見です!

「人気のおしゃれな外観デザインを知りたい」
「外観を決める際の注意点はなにかな」
このようにお悩みの方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、注文住宅で人気な外観と注意点について解説します。
秩父市、深谷市、熊谷市周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□人気のおしゃれな外観デザインとは?

1つ目は、片流れ屋根です。
モダンスタイルをスタイリッシュに仕上げるシンプルな片流れ屋根はとても人気です。
日照に関する条件が厳しい場合や、市街地での高さ制限を回避する場合に役立つデザインです。

2つ目は、はめ殺し窓です。
引き違い窓と比較して、はめ殺し窓はスッキリするためモダンデザインに欠かせないといえるでしょう。
開け閉めの必要もないので、自由な形状になります。

3つ目は、シンボルツリーです。
アクセントとしてグリーンを入れるのも、おしゃれな外観デザインとして人気です。
玄関前や表札前などにシンボルツリーを植えることでおしゃれになります。
ただし、手入れをせずに生い茂ってしまう可能性もあるので注意が必要です。

4つ目は、ビルトインガレージです。
床面積に余裕がある場合は、1階部分にビルトインガレージを設けることでスタイリッシュになるでしょう。
モダンスタイルにもマッチするデザインになります。

□注文住宅の外観を決める際の注意点をご紹介!

ここまでは、人気な外観でデザインについてご紹介しましたが、ここからは外観を決める際の注意点についてご紹介します。

1つ目は、イメージを伝える際は、好みの写真や絵を用意することです。
上手く伝わらなくて、完成後に不満が残る場合があるからです。
朝のイメージや夜のイメージ、季節ごとのイメージも加えて分かるように説明することで、後々のトラブルも回避できるでしょう。

2つ目は、疑問点や不満等は早めに伝えて解決することです。
外観デザインは、後から変更することはとても大変で、予定外の費用が必要になる場合もあります。
疑問点や不満等が出た段階で、早めに伝えて解決すると良いでしょう。

3つ目は、耐久性とメンテナンス費用のことも考慮しておくことです。
費用を抑えたとしても、メンテナンス費用が大幅にかかってしまうと不満が残るでしょう。
見た目やコストダウンだけを考えてデザインを決定するのではなく、耐久性やメンテナンス費用についても考慮しておきましょう。

□まとめ

この記事では、注文住宅で人気な外観と注意点について解説しました。
ご紹介したことを参考に、外観を検討してみてください。
当社は、無料相談会を実施しております。
何かご質問や疑問点等ございましたらお気軽にお問合せください。

注文住宅をお考えの方必見!価格の内訳を解説します!

「注文住宅の価格の内訳は何かな」
「できるだけ予算を抑えたい」
このようにお考えの方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、注文住宅の価格の内訳と、予算の抑え方をご紹介します。
秩父市、深谷市、熊谷市周辺で注文住宅をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

□価格の内訳をご紹介!

*本体工事費用

建物そのものを建てるために必要な費用のことを、本体工事費用といいます。
注文住宅を建てる際の総費用の75から80パーセント程度が目安になります。
基礎・構造づくりや、外装・屋根の工事、窓やドア、断熱材の取り付け、住宅設備の設置工事なども含まれます。

*付帯工事費用

建物以外の工事にかかる費用のことを、付帯工事費用といいます。
総費用の15から20パーセント程度が相場となります。

*諸費用

建物や建物まわりの建築工事以外にかかる費用のことを、諸費用といいます。
建築工事費用の5から7パーセントが目安になります。
手数料や印紙代、税金、家具、家電代、引っ越し代なども含まれます。
現金で支払うものが多いため、余裕を持って10パーセントほど確保しておくと安心です。

□費用を予算内に抑えるポイントとは?

1つ目は、土地代を抑えることです。
土地に予算をかけすぎてしまうと、肝心な住宅部分にかける予算も削られてしまいます。
立地条件を見直したり、敷地面積を抑えてみたりして、条件を改めて検討してみると良いでしょう。
住宅の予算を考慮しながら、土地選びをすることをおすすめします。

2つ目は、坪数を削減することです。
坪数を減らすことで、費用の削減に直接的に繋がるでしょう。
希望をそのまま詰め込んでしまうと、坪数が大きくなる可能性もあるからです。
ご家族とも話し合いながら、優先順位をつけて整理することをおすすめします。

ただし、どうしても坪数を減らしたくない場合は、間取りを検討しなおしたり、建物の形をシンプルにしたりするなど、別の方法も考えると良いでしょう。

3つ目は、設備やグレードを抑えることです。
グレードを落としてもいい部分と、落としたくない部分に分けて、コストダウンを検討することをおすすめします。

□まとめ

この記事では、注文住宅の価格の内訳と、予算の抑え方をご紹介しました。
価格の内訳を理解した上で、必要な予算を確保することをおすすめします。
また予算オーバーにならないように、ご紹介したポイントを意識してみてください。
何かご質問や疑問点等ございましたらお気軽にお問合せください。
ü
TOPへ戻る