ご予算内で自由発想の家を建てるならジーラボハウス岡田工務店で。

埼玉県・秩父を中心に、様々な土地や注文住宅のご提案を致します。

:0120-623-235

営業時間 9:00~20:00

webからのお問い合わせ

スタッフブログ

注文住宅をお考えの方へ!高気密高断熱の特徴とメリットについてご紹介します!

「高気密高断熱の住まいの特徴って何だろう」
「高気密高断熱の住まいで暮らすメリットが知りたい」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。

この記事では、高気密高断熱の住まいの特徴、またそのメリットについて詳しく解説します。
深谷市にお住まいで注文住宅をご検討されている方はぜひご覧ください。

□高気密高断熱の住まいの特徴とは

皆さんは高気密高断熱についてどれくらいご存知でしょうか。
気密性や断熱性についてはあまり詳しくないという方もおられるかと思います。
そこで、ここでは高気密高断熱の住まいの特徴を2つご紹介します。

1つ目は、気密性が高いことです。
気密性とは、密閉された状態のことを意味します。
したがって、高気密であれば住宅の中と外との空気の移動を抑制できます。
その結果、夏は涼しい空気が外へ逃げず、冬は暖かい空気が外へ逃げません。

2つ目は、断熱性が高いことです。
断熱性とは、熱が遮断された状態のことを意味します。
したがって、高断熱であれば住宅の中と外との熱の移動を抑制できます。
その結果、夏は外の熱が住宅の中に入らず、冬は部屋の中の熱が外へ逃げません。

高気密高断熱な住まいでは、これら2つの特徴によって快適な環境が維持されます。

□高気密高断熱の住まいのメリット

ここまで、高気密高断熱の住まいの特徴についてご紹介しました。
では、高気密高断熱の住まいで暮らすメリットとはいったい何なのでしょうか。
ここからは、高気密高断熱の住まいのメリットを3つご紹介します。

1つ目は、光熱費を減らせることです。
高気密高断熱の住まいは、少ない暖気や冷気で快適な室温を維持できます。
そのため、冬や夏のエアコンによる電力消費を抑えられ、光熱費を削減できます。

2つ目は、壁にホコリがつくことを防げることです。
高気密高断熱の住まいは、住宅全体の温度差が少ないです。
そのため、空気の対流が抑えられ、静電気が発生しません。
その結果、ホコリが壁につかず、掃除の手間を省けます。

3つ目は、ヒートショックを防げることです。
ヒートショックは、部屋間の温度差によって心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことで、特に冬場の浴室や脱衣場で発生しやすいです。
高気密高断熱の住まいなら、部屋間の温度差が少ないためこれを防げます。

□まとめ

今回は、高気密高断熱の住まいの特徴、またそのメリットについてご紹介しました。
新しく家を建てられる際は、高気密高断熱の住まいにしてみてくださいね。

当社は高断熱や耐震性に優れた住まいをお手軽な価格で提供しています。
深谷市にお住まいで高気密高断熱の住まいに興味をお持ちの方はぜひご連絡ください。

注文住宅をご検討されている方へ!ZEH住宅の特徴とメリットについてご紹介します!

「ZEH住宅の特徴が知りたい」
「ZEH住宅で暮らすメリットって何だろう」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。

この記事では、ZEH住宅の特徴、またZEH住宅のメリットについて詳しく解説します。
本庄市にお住まいで注文住宅をご検討されている方はぜひ参考にしてください。

□ZEH住宅の特徴とは

皆さんは、ZEH住宅についてどれくらいご存知ですか。
ZEH住宅という言葉を知ったばかりで、よくわからない方もおられるかと思います。
そこで、ここではZEH住宅の特徴をご紹介します。

そもそもZEHとは、ネットゼロエネルギーハウスの略です。
ちなみに、Hはハウスの略なので、「ZEH住宅」は正しい表記ではありませんが、ここではZEH住宅と記載します。
このZEHの意味をわかりやすくすると、生み出すエネルギーが消費するエネルギーを上回ることを目指すという意味になります。

では、ZEH住宅の特徴はいったい何なのでしょうか。
ここからは、その特徴を3つご紹介します。

1つ目は、断熱性が高いことです。
ZEH住宅は、断熱材や窓の性能が高いため、断熱性が高いです。
そのため、冬でも暖かく快適に過ごせます。

2つ目は、省エネであることです。
ZEH住宅は先ほど述べたように、高断熱であるという特徴があります。
そのため、少ない電力量のエアコンでも快適な室温を維持できます。
また、省エネ用のエアコンや給湯システム、照明が採用されています。

3つ目は、創エネであることです。
ZEH住宅では、生み出すエネルギーが消費するエネルギーを上回る必要があります。
そのため、ZEH住宅にはHEMS(ヘムス)というシステムが導入されます。
これは住宅で消費したエネルギーと太陽光発電等から生成したエネルギーをチェックできるシステムです。

□ZEH住宅のメリットとは

ここまで、ZEH住宅の特徴についてご紹介しました。
では、ZEH住宅で暮らすメリットとはいったい何なのでしょうか。
ここからは、ZEH住宅のメリットを2つご紹介します。

1つ目は、補助金がもらえることです。
国が指定した基準を満たしていると補助金がもらえます。
現在は、最低でも60万円もらえます。

2つ目は、ヒートショックを防げることです。
ヒートショックとは、冬場の脱衣室や浴室で他の部屋との温度差によって脳梗塞や心筋梗塞を発症することです。
ZEH住宅は、高断熱で住宅全体が暖かいため、ヒートショックを防げます。

□まとめ

今回は、ZEH住宅の特徴、そしてZEH住宅のメリットについてご紹介しました。
ZEH住宅をご検討される際は、ぜひこの記事を役立ててくださいね。

当社は手の届きやすい価格でZEH住宅をご提供いたします。
本庄市にお住まいでZEH住宅について興味をお持ちの方はぜひご依頼ください。

ご契約です(*^^*)

先日、新築工事のご契約を結ばせていただきましたshine

ジーラボハウスを選んでいただき

本当にありがとうございますconfident

続くコロナ禍で長くなりがちな「おうち時間」を

楽しく過ごせるステキな家を一緒につくっていきましょう(*^▽^*)

IMG_4395.jpg

「建てて良かった~」と思っていただけるよう

スタッフ一同一生懸命頑張ります٩( 'ω' )و


注文住宅をお考えの方必見!断熱材の役割と種類について解説します!

「断熱材にはどのような役割があるのだろう」
「断熱材にはどのような種類があるのか知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

この記事では、断熱材の役割、また断熱材の種類について詳しく解説します。
秩父郡市にお住まいで注文住宅の断熱材にお悩みの方はぜひご覧ください。

□断熱材にはどのような役割があるの?

皆さんは断熱材の役割についてどれくらいご存知ですか。
断熱材についてはあまり知らないという方もおられるのではないでしょうか。
そこで、ここでは断熱材の役割を3つご紹介します。

1つ目は、快適な温度にすることです。
断熱されていない住宅だと、夏は外から熱が入ってくるため、冷房の効果が弱くなります。
また、冬は外へ熱が逃げてしまうため、暖房の効果が弱くなります。
しかし、断熱された住宅は夏でも冬でもエアコンの効果が弱まりません。

2つ目は、光熱費を安くさせることです。
先ほど述べたように、断熱された住宅ではエアコンの効果が弱まりません。
そのため、エアコンの電力消費を抑えられます。
したがって、断熱されていない住宅に比べて光熱費が安くなります。

3つ目は、結露の発生を抑えることです。
住宅の寿命が短くなる原因の1つは結露です。
結露が発生すると建材が腐食したりカビが繁殖したりします。
しかし、断熱性が高い住まいは部屋間の温度差が少ないため、結露が発生せず、長持ちします。

□断熱材にはどのような種類があるの?

ここまで、断熱材の役割についてご紹介しました。
では、断熱材にはどのような種類があるのでしょうか。
ここからは、断熱材の種類を3つご紹介します。

1つ目は、鉱物系です。
鉱物系には、グラスウールやロックウールがあります。

2つ目は、石油系です。
石油系には、ビーズ法ポリスチレンフォーム、硬質ウレタンフォーム、フェノールフォームがあります。

3つ目は、自然系です。
自然系には、セルロースファイバーやウールがあります。

当社は、断熱性に優れた住まいをお手頃な価格でご提供しています。
断熱材で気になることがあれば、ぜひご連絡ください。

□まとめ

今回は、断熱材の役割、そして断熱材の種類についてご紹介しました。
高断熱な住まいは省エネであり、また安心して暮らせるので、新しく家を建てる際にはぜひ断熱材をチェックしてみてください。

当社は予算内でお客様が理想とされる住まいを実現します。
秩父郡市にお住まいで注文住宅についてお困りの方はぜひお気軽にご相談ください。

平屋見学会開催!(*^▽^*)

9月です!

新学期が始まりましたね!

通勤中に小学生の元気な登校風景が見られるようになりました(*^^*)

コロナ禍ですので、みんなマスクをしているのですが、

そのカラフルなこと!

ちょっとした目の保養だったりします(^▽^)


さてさて、完成見学会のお知らせですnotes

今度は平屋のお家ですshine

   日程:9月18日(土)、19日(日)  10:00~17:00

   会場:秩父市黒谷

予約制で行いますので、お電話、メール、ホームページよりご予約下さい。

コチラからご予約できますよ!

スタッフ一同お待ちしております(^O^)/

黒谷見学会1.jpg

黒谷見学会2.jpg

注文住宅をご検討されている方へ!高性能な住まいの特徴とメリットについてご紹介!

「高性能住宅の特徴が知りたい」
「高性能住宅に住むメリットって何だろう」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

この記事では、高性能住宅の特徴、また高性能住宅に住むメリットについて詳しく解説します。
熊谷市にお住まいで注文住宅をご検討されている方はぜひ参考にしてください。

□高性能住宅の特徴とは

皆さんは高性能住宅をご存知ですか。
高性能住宅についてはあまり知らない方も多いかと思います
そこで、ここでは高性能住宅の特徴を3つご紹介します。

1つ目は、断熱性や気密性が高いことです。
高性能住宅は高断熱かつ高気密です。
そのため、住まいの中と外との空気や熱の移動を抑制できるので、室温を快適な温度で維持できます。

2つ目は、耐震性や耐久性が高いことです。
高性能住宅は耐震性や耐久性に優れています。
そのため、地震を含めた自然災害に強いため、安心して暮らせます。

3つ目は、省エネであることです。
高性能住宅は省エネであるため、維持費を節約できます。

以上が、高性能住宅の特徴でした。

□高性能住宅に住むメリットとは

ここまで、高性能住宅の特徴についてご紹介しました。
では、高性能住宅に住むメリットとはいったい何なのでしょうか。
ここからは、高性能住宅に住むメリットを3つご紹介します。

1つ目は、冬でも快適に過ごせることです。
高性能住宅は、高断熱かつ高気密であるため、室内外での熱や空気の移動が抑制されます。
そのため、冬でも暖かい部屋で暮らせます。

2つ目は、光熱費を抑えられることです。
高性能住宅は、断熱性や気密性が高いため、少ない暖気や冷気でも快適な室温になります。
そのため、エアコンの電力を削減できるので、結果的に光熱費が安くなります。

3つ目は、優遇措置を受けられる可能性があることです。
実は高性能住宅と似た住まいに、長期優良住宅やゼロエネルギー住宅があります。
高性能住宅を含めたこれらの住まいには、補助金をもらえたり、税金で優遇されたりするメリットがあります。
これらの優遇措置には、それぞれ条件があるので気になる方はチェックしてください。

□まとめ

今回は、高性能住宅の特徴、そして高性能住宅に住むメリットについてご紹介しました。
新しい住まいは、高性能住宅にしてみてはいかがでしょうか。

当社はコストパフォーマンスの高いゼロエネルギー住宅をご提供しています。
この住宅の特徴は高性能住宅とほとんど変わらないので興味をお持ちの方はぜひご依頼ください。

新築の引っ越し前にすることとは?引っ越し前の準備を解説!

夢の新築マイホームを建てたら、いよいよ引っ越しですね。
新築の引っ越しをする際には、いろいろと手続きがあるので事前に余裕をもって確認しておくことをおすすめします。
今回は、新築の引っ越し前にすることについて、秩父郡の工務店が解説します。

□新築の引っ越しをすると決めたら?早めに確認したいことをご紹介!

ここでは、新築へ引っ越す前になるべく早くやるべきことを解説します。
新築を建てたら、以下の天順で引っ越しの準備をしましょう。

1つ目は、引っ越しを依頼する会社を選ぶことです。
会社によって、引っ越しにかかる料金はもちろん、引っ越し道具のオプションや得意な作業も変わってきます。
自分の理想に叶う会社を選びましょう。

2つ目は、前の家の家具を整理することです。
新しい家に持ち込まない不要な家具は処分する必要があります。
大型の家具は処分するにも、手続きと日数が必要なので事前に処分方法を決めておいて手続きも済ませてしまいましょう。

3つ目は、オーダー用品の手配です。
カーテンやキッチン用品といったオーダー品の手配は、引っ越しが済んですぐ使えるように早めにしておくことをおすすめします。

4つ目は、通信関係の手配です。
電話回線やインターネット回線はライフラインなのですぐ使えないと不便です。

5つ目は、今の住まいの解約です。
解約を知らせるのは、引っ越しの数か月前にする必要があるので契約を確認しておきましょう。

6つ目は、新しい家具の調達です。
早めのうちから探せば、納得のいく家具を選べられるでしょう。

□引っ越しの1か月前頃から確認するべきことは?

次に、引っ越しの1か月前から確認したいことを解説します。

1つ目は、火災保険会社を選ぶことです。
火災保険が適用せれる日を確定させることも重要です。
引っ越し日を適用開始日に設定できるように、手続きまでしっかり行いましょう。

2つ目は、退去の手続きや片付けです。
退去日の通知が遅れてしまうと、家賃を一カ月分損してしまう可能性もあります。
家賃発生のタイミングや退去日通知のタイミングなど、契約内容をしっかりと確認しましょう。

また、部屋の片付けも少しずつ始めると良いでしょう。
特に粗大ごみの処分には日数がかかる場合があるので注意してください。
リサイクルショップに持ち込んだり、知り合いに譲ったりする方法も良いかもしれません。

□まとめ

今回は、新築の引っ越し前にすることを解説しました。
新居を建てたら、スムーズに憧れの新生活ができるように手続きを確認しておいてくださいね。
新築に関して何かわからないことがあれば、どんなことでもご連絡ください。

子育て世代の方必見!子供部屋がないのはかわいそう?

子育て中の方や、将来的には子供を持ちたいとお考えの方で、これから子供部屋を作ろうかと思っている方はいらっしゃいませんか。
子供部屋がないとお子様がかわいそうと感じて、悩まれている方も多いかもしれません。

今回は、子供部屋がないのはかわいそうなのかどうか、熊谷市の工務店が解説します。

□子供部屋がないのはかわいそう?最近は需要が減っているのが事実です

子供部屋を作るのは当たり前と感じていて、作らないのはかわいそうだと感じてはいませんか。
しかし、最近は子供部屋の需要が減っているというのも事実です。
あまり心配せず、ご自身のご家庭のライフスタイルに即して必要性を考えれば良いでしょう。

例えば、子供部屋を作る前に、リビングの広い空間の一角に、お子様が遊べるようなスペースを設ける方が急増しています。
いきなり子供部屋という個室を与えるのがリスキーだと感じる方は、この方だと安心できます。

□子供部屋を作る前にポイントを確認しておきましょう!

子供部屋を作ることに悩まれている方の中には、子供が引きこもってしまわないか懸念される方も多いでしょう。
ポイントを押さえれば、子供が引きこもらないような子供部屋を作ることも可能です。

ここでは、子供部屋を作るときに気を付けるべきポイントを確認します。

1つ目は、子供部屋を適度な広さで作ることです。
広くし過ぎると、自分の部屋で生活が完結されるため、なかなか部屋から出る必要性が低くなってしまいます。
適度な広さを考え、子供が自然と部屋から出てくるように工夫しましょう。

2つ目は、家族の共有スペースを作ることです。
家族でゆったり休めるスペースがあれば食事の後やお風呂の後にコミュニケーションを取れます。
まったり過ごせるようにソファを設置したり照明を工夫したりしましょう。

3つ目は、子供部屋を二階に作る際には、階段に行くまでにリビングを経由するような間取りに設計することです。
子供部屋に行くまでに、必然的にリビングを経由させることでコミュニケーションの機会を確保できます。
階段に限らず、子供部屋にたどり着くまでに家族と接触できるような間取りを考えましょう。

□まとめ

今回は、子育て世代の方に向けて、子供部屋を作る際に気を付けるべきことをお伝えしました。
ポイントを押さえて、子供ものびのびと過ごせるようなお家を作ってくださいね。

当社では、家づくりに関することなら何でも相談できる「家づくり相談会」を実施しております。
お気軽にホームページのフォームからご相談ください。

ご契約いただきました(*^-^*)

こんにちはsign01

 毎日、暑い日sunが続いておりますが、皆様、いかがお過ごしですか?

ここ、2、3日は、更に暑さが増していますが、
体調管理に気をつけなければ・・・と
しみじみと感じています・・・sweat02


さて、先日、新たに新築のshineご契約を結んでいただきましたnote
そして、土地に関しても、当社の分譲地を同時にご契約いただき、
誠にありがとうございますsign01

ご契約のお客様は、とても笑顔が素敵なご家族様ですheart04
IMG_4326.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


これから、もっと色々なご希望をきかせていただき
満足いただけるマイホームhouse造りのお手伝いが
出来ることを、今からワクワクupしています。

これからもよろしくお願い致します(*^-^*)

新築を建てる前に知っておきましょう!家のメンテナンス費用を解説します!

新築を建てる前に気になるのが、長期にわたってメンテナンスをきちんと行っていける費用があるのかどうか、ということではないでしょうか。
ポイントを押さえて計画を立てれば、新築のメンテナンス費用も不安になることはありません。

今回は、新築をお考えの方にむけて、家のメンテナンス費用を解説します。

□こまめなメンテナンスをすることが長期的な節約になります!

メンテナンスは壊れてから行うものだとお考えの方はいらっしゃいませんか。
実は、こまめに行うことで、メンテナンスのメリットを最大限に引き出せるのです。
長期的な費用の節約にも繋がりますので、できるだけ数年ごとにこまめにメンテナンスの機会を確保しましょう。

具体的には、3年から5年くらいのスパンでの見直しがおすすめです。
毎日の暮らしでは、なかなか気づけないような劣化を発見できます。
壊れてからだと、丸ごと交換ということになって費用がかさみますし、交換中は設備が使えなくなるので不便です。

□気になるメンテナンスの費用について目安を解説します!

ここからは、メンテナンスの費用について目安を解説します。
グレードや劣化の程度によって異なるのであくまでも目安として、資金の計画の参考にしてくださいね。

外壁塗装の目安は60万~80万円を見積もっておきましょう。
外壁に関連して、タイルの洗浄や目地の打ち替えは5万~70万円です。
粘土瓦やステンレスの屋根のメンテナンスは140万円ほどかかります。
スレートや鋼板の屋根であれば、60万~80万円ほどで済みます。

内装に関して、キッチン回りの機器のメンテナンスは20万~120万円を見積もっておきましょう。
キッチン本体の交換をしたいとなると、キッチンのタイプにもよりますが大体300万円が平均です。

トイレや洗面所の費用の目安について、パーツごとでは1万~5万円程度です。
便器本体、洗面台本体を交換するには10万~30万円ほどを見積もっておきましょう。

浴室の費用の目安は、パーツごとでは5万~15万円程度です。
大規模なメンテナンスをするとなると、100万~250万円ほどがかかることが多いです。

□まとめ

今回は、家のメンテナンスについて解説しました。
メンテナンスをこまめに行うことで、新築の状態を長持ちさせることも可能です。

当社は、長く住み続けられる家を地域密着型でお客様のニーズに合わせてご提案いたします。
本庄市で注文住宅をお考えの方は、まずは当社の相談会をお気軽にご予約ください。

ü
TOPへ戻る